雑想U アメリカ生活はつらいよ編

アクセスカウンタ

zoom RSS カップ麺

<<   作成日時 : 2007/10/17 09:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

こちらでの食事は、自炊の米+冷凍食品orカフェテリアのおかずをメインにしている。

寮のカフェテリアの食事は、俺に言わせればヒドイもので、

ハンバーガー、ホットドッグ、サンドイッチ、ピザ、フライドチキン&ポテト、etc・・

と、いうものばかり。
画像


これらは嫌いではないが、毎日毎食となると無理

昼は学食で食べるしか道がないので、

まるでベジタリアンのように、

サラダとスープに米をぶちこんだモノを食べている。



ココの学生は非常に関取体型が多い。

この事と学食メニューは関係なくは無いと思う。

日本ではチョイデブに属していたハズの俺が、

痩せていると言われるのだから、

その肥満度はちょっとやそっとのモノではない。

俺よりも重そうな女の子がゴロゴロしてる。
(坂でコケたら、ホントにゴロゴロ転がりそうなくらい)

しかも、それがヘソ出しルックで歩いているからビックリ。
(正確に言うとヘソは埋没して位置の確認は不能(激爆))

シャツも、もともとはピタTでは無かったのでは無いかと思われるモノを

ピタTのように着ている。(苦笑)

デザインの文字フォントが超横長になっているし・・・。  



アメリカ人のビジネスマンは太っていると、

自己管理が出来ないと見なされて、

仕事にも支障があると聞いたことがあるが、

それについて、こちらの人に聞いてみたところ、

”マンハッタン王国だけ。”との事。

ウオール街だけに適用される話らしい。

まぁ、マンハッタンは交通は発達しているものの、

地下鉄以外のバス・タクシーは渋滞で何分かかるか

わかったものではないらしいので、

日頃から良く歩く事になり、

自然にダイエットが出来ているのかもしれない。





そんなヤバそうな食事ばかりのカフェテリアの隅に、

カップラーメンがヒッソリと置いてあったので購入してみた。
(買ってる学生は見たことがない・・・)

売ってあったカップラーメンは、

日清のカップヌードル

定番中の定番だ。

1個$1.5と若干高めの価格設定。

3種類売ってあったのだが、

味の設定が日本とは違っていて、

・Creamy Chicken

・with Shrimp(エビ)

・Chicken Vegetable

画像


日本のレギュラーサイズと同じカップだが、

麺の容量は若干少なめの64g。
画像


具はミックスベジタブルみたいなのが少し入っているだけで、

肉やエビは無し。
画像


で、スープの味だが、ハッキリ言ってどれも美味しくない・・・

全てが薄味

   あえて言おう、マズイと!  

って感じである。

なんで、アメリカ専用商品を出しているのか意図がわからない。

こっちの人にはこれが合っているのだろうか?
(他の食べ物は濃口が多い気がするのだが)

日本で売ってるノーマル、シーフード、カレーではダメだったのだろうか?


ちなみに、韓国の”辛ラーメン”も食べてみたが、

こちらは、韓国、日本、アメリカ共通のようである。
(1個$1.95・・・税も入れると日本円で250円)



日本食が食べたいのは当然なのだが、

ノーマルなカップヌードルが食たくなってきた。。。

シカゴには日本食が充実した店があるらしいので、

期待したいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
その食生活っていうか、アメリカの定番メニューってのはヒドイなぁ(^_^;)
私もそんな食生活はイヤだ(^_^;)
ジャンクフードばっかじゃん!!(苦笑)

コメ、炊いてるのか(笑)
それが一番ヘルシーかも(^_^;)
体、壊さないようにね〜。
TAMA
2007/10/20 02:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
カップ麺 雑想U アメリカ生活はつらいよ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる