雑想U アメリカ生活はつらいよ編

アクセスカウンタ

zoom RSS サンフランシスコ観光

<<   作成日時 : 2008/01/27 15:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

過去2回のカリフォルニア出張では、

サンフランシスコは飛行機で降り立つだけで、

ダウンタウンを見て回る時間は無かった。

と、いうのも顧客の多くがサンノゼ(空港から車で1時間弱)に集中しており、

そちらの近辺or空港近辺に宿泊する事が多かったからだ。


今回の出張でも空港近辺に宿泊する予定だったのだが、

運悪く良く?)サンノゼ近辺で国際展示会が開催されており、

どのホテルも満員。

若干の空きがあっても1泊300ドル倍近い価格設定となっていた。

上司から”安いのがダウンタウンにあるけど、どうする?”と話が来たので、

迷わずダウンタウンで!と答えて、

サンフランシスコのド真ん中(近く)のHiltonへ宿泊することとなった。

そこから空港は40分程度かかるため、

一人で帰る今回の日程では、単独で空港へ行かなければならなくなった。
(上司はそのまま日本へ)

一般的にHiltonは高いので、会社の上の人が来ない限り使うことはない。

しかし、今回はネットで調べてみると120ドル

妙に安い部屋があるとの事。

個人的には部屋が狭くても全然気にならないので、

ウエルカムなのである。


顧客訪問の全日程を終えて、

サンフランシスコのダウンタウンへ直行。

学生時代をこの町で過ごしている上司は、

各地域についていろいろ詳しく説明してくれた。

特に、この道より南は危険だとか、

ココが中心街といった話は、

なんの事前学習もしていなかった俺には貴重な情報となった。


ホテル到着は昼の2時頃。

上司は部屋で仕事をするとの事だったが、

俺は初のサンフランシスコのダウンタウンということで、

自由行動許可をGet!

さすがにそのまま飛び出す訳にはいかないので、

1時間程度メール等の処理をして3時過ぎ頃から町へ繰り出した。



来る時から降っていた雨は若干小降りになっていたものの、

それでも傘は必要な状態。
(でも何故か外人さんはあまり傘をささない)

せっかくの観光も雨ではとは思いながらも、

雨季であることを考えると仕方ないと言ったところ。

まずは中心といわれるUnion Squareを目指した。
画像


このUnion Square周辺はある種のショッピングモールのようなもので、

各種高級ブランドが軒を並べている。

その手のブランド品好きであれば、

1日あっても足らないくらいだろうが、

俺にとっては猫に小判といった感じなので、

ふらふらと10分程度歩いたら終了となった。(苦笑)

地図を持って出たわけでは無いため、
(携帯に車用のナビソフトが入っているので、最悪はそれで帰宅可能)

漠然とした記憶(ホテルで見た地図)を頼りの観光開始。


見たい&乗りたいと思っていたのがケーブルカー

いろいろなサンフランシスコを舞台とした映画を見てきたが、

これを生で見なければサンフランシスコに来たとは言えないだろう。


15分程度歩くと、フェリー乗り場があった。

そして、目指していたケーブルカー乗り場も発見!
画像


しばらく待つと、やってきましたケーブルカー。
画像

写真に写っているオジサン(多分観光客)は、その場で乗り込んだが、

俺はあえて動き出すまで待機。

サンフランシスコ名物(?)ケーブルカーへの飛び乗りへ挑戦した。

もっとも、このケーブルカーは、そのルートの殆どが坂道になっており、

たいしたスピードは出せない(出さない?)ようす。

町の人はバンバン飛び乗っていたので、

俺もそれに混じって乗車。

さっきのオジサンに、

なんで最初から乗らなかったの?

と聞かれて、

飛び乗りたかったから!

と答えたら、

そうか!俺もやればよかった!

と笑っていた。

このケーブルカーは全区間同一料金なのだが、

1回5ドルと若干高め・・・。

それでも市民の足として定着しているようで、

みなさん普通に短区間でも利用しているようだった。



長崎で育った俺としては、町の中に坂が多いのは慣れているのだが、

サンフランシスコの坂の勾配にはちょっとビックリ。
画像

適当に歩いてたどり着いた場所から撮影。
(意外と名所なのか多数の人が後から来た)

そして、遠くに見えるのは、

有名なアルカトラズ島
画像

いろいろな映画の舞台となったところだ。

現在ではアルカトラズ刑務所は閉鎖されて観光名所となっているとの事。

なんとかゴールデンゲートブリッジが見えるポイントを探したのだが、

それだけは見つからず断念することとなった。


画像

捜し歩いた結果、もとの道に戻る時に登った坂道。

これはなかなかいい登山の練習になりそうな坂である・・・。



帰りも適当に方向だけ検討をつけて歩いて戻ったのだが、

途中でチャイナタウンに突入。

そこはホントに中国のような町並みで、

家並み、看板、壁の絵とどれをとっても中国。

店先の野菜を見てみると値段が””で表示されているところまであった。

しかし、並んでる車は100%日本製。(苦笑)

これだけアメ車その他が無いのも珍しいかもしれない。



そうこうしてやっとホテルへ到着。

短時間だったが、そこそこ楽しい観光だった。

最後の写真はホテルの部屋から見えていた塔。
画像

コイトタワーというものらしい。

晴れていれば、真っ先にココを目指したのだけどなぁ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いいねぇ、サンフランシスコ観光!!
ケーブルカーの飛び乗りは名物なのかぁ。
やってみたい♪
でも、ケーブルカーのおじさんと会話
できてるし、ちゃんと英語、かなりしゃべれ
てるじゃん!
すごい、すごい!!!
TAMA
2008/01/31 11:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンフランシスコ観光 雑想U アメリカ生活はつらいよ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる