雑想U アメリカ生活はつらいよ編

アクセスカウンタ

zoom RSS BON JOVI LIVE

<<   作成日時 : 2008/02/28 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

行ってきましたBON JOVI LIVE!

一言で言うと、




最高!!!!



普段は使わないHTMLのタグを使ってまでも文字を大きくしたところに
感激の具合を読み取ってください。




会場へ向かう車の中で、ずっとBON JOVIを聞いていたものの、

テンション低いまま。

会場のUnited Centerには開場の1時間半ほど前に到着。

ココはバスケットのシカゴ・ブルスの本拠地ということなので、

建物の周りを少し散策してみた。

そして、ありました!
画像

神様マイケル・ジョーダンのダンク像

しかし、そんな神様にも容赦なくは積もっており、

つるつるの頭に帽子が出来ていた・・・。


そうこうしているとUnited Centerのゲートが開いたので入場。

会場へはまだ入れる状態にはなっておらず、ロビーで待機する事となった。

中からはリハーサル中と思われるBON JOVIの演奏が聞こえていのだが、

一向にテンションは上がらないまま・・・。(苦笑)

まわりを見回すと、なんと3世代で見に来ている家族もいた。

それだけ広い世代に支持されるバンドも少ないのではないだろうか?

日本人にそんな歌手いるかなぁ・・・等と考えていると、

開演1時間前くらいになって、やっと入場開始。

席に行ってみると、意外とステージが近いことが判明。

これまでのBON JOVI は福岡ドームで見たもので、

センターの定位置くらいにステージがあって、

それを3塁側内野スタンドから見るくらいの距離だった。

しかし、今回は会場がバスケットコートなので、

対角から見たとしても、普通の学校の体育館の半分のサイズくらいしか無い訳だ。

(と、言っても観客席は3層構造になっており、2万5000人は収容可能らしい)


開場の7時半になっても客席の半分は空席・・・。

マジで???

と思っていると、ステージに見知らぬ5人組が登場した。

明らかにBON JOVIではないバンド・・・。
(肉眼で顔まで見える距離だったので)


その時に思い出したのは、ココはアメリカと言う事。

日本では単独公演が多いが、アメリカでは

BON JOVIクラスのバンドになると前座に若手などを抜擢して、

自分達の演奏の前に公演させるのが恒例なのだ。
(そんな事も調べずに見に行く俺って・・・。)

演奏が始まると、意外と知ってる曲の連続。

ラジオでよくかかっている”Daughtry”というバンドだったらしい。
(帰って調べてわかった。)

彼らが約45分演奏。

そこそこ盛り上がっていたが、クルクル回る照明に照らされる

前方の空席は痛々しい感じ。

しかし、8時半頃になると一気に人が増え始めた。

その時気がついたのだが、

皆、手にビール・ポップコーン・ホットドッグ・チップスを持って入場している。

アメリカでのLIVEは野球等のスポーツ観戦と同じように、

ジャンクフードと共にあるらしい・・・。

へぇ〜。

と、妙なところに関心していると、

会場が暗転し、聞いたことのあるイントロで”Lost Highway”がスタート。

この瞬間、自分の中のテンションのギアが、

意味不明な雄たけびと共に一瞬でOVER TOPに入ったのがわかった。(爆)

2曲目には”You Give Love A Bad Name"(超ノリノリのヒット曲)をが来て

会場のボルテージは一気に沸点へ。

その勢いに押された訳ではないだろうが、

メインスクリーンの映像が乱れた後に縦線が入ったままになり故障・・・。

最近そういう状況になりやすい俺のせいのように思えてあまりイイ気分ではなかったが、

こちらはバックアップへの切り替えが上手く行った様で3曲目に入る時には回復していた。

3曲目が終わると、ボーカルのJonが一言、

土日も来てくれた人はどのくらいいる?今日はこないだとは違う曲をやるぜ!

この日の公演はシカゴでの3日目(しかも当初予定に無かった追加公演)だったので、

かなり違う選曲になることを臭わせてくれたのだが、

その後の選曲は過去の曲が多くなっており、非常に嬉しい構成。
(詳しいSetlistはコチラを参照)

ついでにライブ映像

Jonのボーカルの映像は上手く撮れず。。。(もっともこっちの方がレア度は高いが)

歌詞を覚えている曲が多かったので、殆どの曲で絶叫していた。
(途中で喉から出血したみたい・・・。)

間違いなくこの10年でもっとも声を出した時間だっただろう。

観客の多くが踊りまくりで、人によっては途中でグッタリしていた。
(飲みすぎた上に踊って酔いが回ったみたい)

ちなみに隣の席の女の子は踊り狂って前の席に転落する始末・・・。(苦笑)



当初、ステージが狭いように見えていたのだが、

ボーカルのJonは、そんなの関係なく観客席に移動してハイタッチをしながら歌ったり、

バラード曲では観客の女性をステージに上げてチークダンス。
(選ばれたのはブロンドの美人!最初から目をつけていたのか?(爆))

しかもキスまでしたので女性ファンからは嫉妬のブーイングが出ていた。(笑)



結局、シカゴ3日間で最多となる27曲、3時間弱の熱演。

終了時間は23:20・・・。

前座が頭に無かったのもあるが、予想以上に遅い時間となってしまった。

しかし、日本で見たLIVEよりも数倍良いものに感じられたのは、

観客が曲全体を歌えたからかもしれない。
(日本ではサビのみの合唱になるので。)

あとで知って驚いたのが、シカゴの3日間で演奏した曲が42種類という事!

昨年10月のツアー開始以降では68種類を披露したらしい。

3日間やって3日間とも同じ曲を演奏するバンドが少なくない中、

持ち歌はいつでもやれるというその全員の演奏力には脱帽だ。
(日曜は観客のいきなりのリクエストに応えたらしい)

個人的にはBON JOVIの成功はドラムの力が大きいと思っている。

地味ながらまったく崩れないドラミングは、

他のバンドにない安定感をもたらしていると思える。



LIVEが終わって今の感想は

これは3日間全部行くべきだったかもしれない・・・。

チケット購入時に感じた”高い”は全くの間違い。

これは絶対に安い。(笑)

最高の時間をありがとう!その一言に尽きる。


また機会があれば是非行かなくては!!!!!!





会場に入った時にあったモヤモヤが、

帰るときに無くなっていたのは言うまでもない。

何も解決してないのだけれどね・・・。(苦笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2月26日 Chicago @ United Center セットリスト
2月26日 Chicago @ United Center セットリスト ...続きを見る
Bon Jovi(ボンジョヴィ、ボンジョ...
2008/02/28 21:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ロスト・ハイウェイかかった瞬間、
キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━ !!!!!
って感じだったっしょ!

いいなーー!!
いいなーー!!
私もジョビライブ、見たい〜(>_<)
私もジョビにキスされた〜〜い!!
(それかよ)
TAMA
2008/03/02 01:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
BON JOVI LIVE 雑想U アメリカ生活はつらいよ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる