雑想U アメリカ生活はつらいよ編

アクセスカウンタ

zoom RSS グランドキャニオン

<<   作成日時 : 2008/04/10 06:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2日続けて展示会を回った後に、

ホテル巡りをして足はパンパン

しかし、このラスベガス出張では、

1日休みを貰ってグランドキャニオン見学へも行ってきた。



ラスベガスからグランドキャニオンは、

飛行機で行くと1時間半程度らしいのだが、

どうせなら!ということで車(大型バン)でのツアーを申し込んだ。

荒涼とした大地の見学も兼ねてと考えてのことである。

車で行くと片道5時間。

途中には45kmにも及ぶ直線があったり、
画像


インディアン居住区があったりしたが、

基本的には低い木々が茂る高原が延々と続いていた。
画像

たまに、”土地売ります!”の看板が立っていたが、

1坪=$1もしないことだろう。

生き残ったインディアンは、

1人当たり1エーカー(約1200坪)を与えられたらしいが、

こんなところの土地を貰っても何の意味も無い。

彼らが”隔離された!”と主張するのも頷ける話である。



また、世界2位の規模を誇るフーバーダムの上を通った。

このダムは琵琶湖以上のサイズの湖を作っており、

これが無ければラスベガス自体存在しなかっただろう。
画像

はもちろんの事ながら、ココで発電される電気は、

ラスベガスとロスの重要な供給源らしい。

しかし、この数年で急激に水位が低下しているらしく、
画像

この有様。
(ダムの幅は400m程度との事)

10年後にはラスベガスとロスは大変な事態に陥っているかもしれない。


また、このダムはその重要性から、

アルカイダ等のテロの標的として挙がっているらしく、

現在、ダムの上を通行しないでいいように、

迂回路として橋を建設中。
画像

年内完成予定(この状態じゃ無理じゃねの?)らしい。

そして完成後はフーバーダムの一般公開はされなくなるらしいので、

フーバーダムの見学をしたい人は、数ヶ月中に行くべきだろう。


そうこうして、やっとたどり着いたグランドキャニオン入り口。
画像

世界遺産の国立公園の碑としては安っぽい気が・・・。

そして、国立公園内に入っていくと、

ついにやって来ました!


グランドキャニオン!



画像


いやー、これは凄い!!


絶景!!


言葉で表すことの出来ない壮大さ




画像

元々は、コロラド川の上流に大きな湖が存在していたらしいのだが、

地震で地割れが発生して湖の水が流れ出したのがキッカケで

標高差1500mもの断崖を形成したらしい。

確かに、対岸(最短16km)を見てみると真平らで、こっち側も平ら。

しかし、その標高差は400m程度もあるそうだ。

400mもズレるとは、地球の活動の凄さを実感

さすが世界遺産である。

文化遺産と自然遺産の違いはあるけど
去年世界遺産になった石見銀山が同格とは疑問・・・。(爆)



崖沿いを1km程度散策したのだが、

途中には、こんなことやってるオジサンが。
画像

球は無しで、スイングだけのパフォーマンス。(笑)

心の中の推定飛距離は20kmくらいか?


このグランドキャニオンを下まで降りるツアーもあるそうで、
画像

(斜めに走るのが道。ケモノ道レベルとか・・・)

降りは徒歩らしいのだが、帰りはラバで登るらしい。
画像

(仕事を終えたラバ達)

しかし、制限体重は90kgということなので、

今の俺ではNG・・・。(爆)
(荷物が10kgにはなるだろうから。)



そうこうしていると、あっという間に観光終了。

帰りは”ルート66”に寄ってラスベガスへ戻った。
画像

(サンタモニカ(カリフォルニア)からシカゴに続く道だが、すでに廃線)

俺らの世代ではルート66と聞いてもピンとこないのだが、

一緒にツアーに参加していた60代夫婦は

懐かしい!を連発していたので、

親の世代には知名度抜群なのだろう。


帰りも5時間かかったわけだが、

殆ど熟睡モード。

滞在時間は短かったが、

かなり満足出来たし、

これは一生の思い出になる事だろう。


ココは何度見ても飽きないだろうと思うので、

また行きたいものだ。






豆知識コーナー

グランドキャニオンツアーは、
ヘリコプターツアー等も多く存在するが、
国立公園内は着陸禁止のため、
それらのツアーの目的地は国立公園外との事。

また、もっとも景観の良いと言われている場所は、
車でのツアーじゃないと行けないそうなので、
行く予定の方は注意しましょう。

さらに、バスツアーだと崖近くまで行けないので、
相当歩くことになるらしい・・・。

昨年出来たスカイウォークも国立公園外にあるらしいけど、
すでに3箇所程度ヒビが入っているそうで、
地元の人には落ちるのも時間の問題と言われているそうな・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グランドキャニオン 雑想U アメリカ生活はつらいよ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる