雑想U アメリカ生活はつらいよ編

アクセスカウンタ

zoom RSS Driver's License

<<   作成日時 : 2008/05/15 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

これまで国際免許証を使って車の運転をしていのだが、

やっとこっちの運転免許証を取得した。

これはIDとして使用できるので、

サッサと取りたかったのだが、

なんとなくズルズルとココまで来てしまっていたのだ・・・。

これでやっとパスポートを持ち歩かなくてもよくなる。
(店で酒を買う時や、Barやレストランで酒類を頼む時にもIDの提示が必要。)



アメリカは州によって法律が異なるため、

違う州へ移り住むと、新たに免許を取得する必要があるらしい。

イリノイ州の場合、試験は日本と同じように筆記と実技の2本立て。

ココで壁となるのが言語

カリフォルニアやハワイのように、日本人の多い所では、

日本語での受験も可能なようだが、

イリノイでは日本語での試験は無い。

当然、英語で受験することになる。

法規は各州のHPを見れば載っているのだが、

なんと100ページ以上・・・・。

英語がダメな人にはなかなか厳しいように思えるかもしれないが、

法規自体は日本とビックリするほど違うことも無いし、

回答を選択する方式だから、

単語さえわかればそれほど難しいものではない。

また、日本人向けの虎の巻も出回っている。
(もちろん入手済み)

当然、それを中心に対策を練るのだが、

やはり最新のルールを勉強しておく必要はあると考えて、

HPからそれをダウンロードして一夜漬けした。
(虎の巻に出てない項目が結構多くて、ちょっと焦った・・・。)



そして、今日は仕事を3時で切り上げて、

いざ免許センターへ!!!




免許センターへ入ってみると、

それほど待っている人は居なかった。

窓口で証明書類(パスポート、SSN、住所)を提示して、

視覚検査を行い、簡単な質問事項(メガネは?今、薬使ってないか?)に答えて、

書類を作ってもらって手数料$10を支払うと、

すぐに筆記試験開始。

特に制限時間は無く、終わったら係員に渡して採点してもらうだけ。

35問中28問正解合格となる。

35問中15問が標識の問題だから、

英文を読んで答えなければいけないのは20問のみ。

標識を満点でいければ、

英文問題は7問まで間違えてもOKと言うわけだ。


一夜漬けのかいもあって、

筆記試験に要した時間はほんの10分程度

英文問題で2つほど理解不能なものがあったが、

標識問題に絶対的な自信があったので、

適当にマークして提出。

採点してもらうと、どうやらわからなかった2問のうちの1問を間違えたようだった。

まぁ、どっちにしても合格と言うことで、

実技試験へ移ることとなった。

しかし、一緒に受けていた数名は筆記試験で落ちていた・・・。
どれだけ勉強せずに臨んでいるのだろうか?
まったくアメリカ人の行動は理解できん・・・。



実技試験も虎の巻(地図)が出ているようで、

事前にコース等を下見する人も多いようだが、

そっちは入手していなかったため、

ぶっつけ本番となった。

既にこっちで運転しまくってる訳で、
今更、実技の虎の巻など必要ないだろうと入手しようとさえしなかった。
ちなみにこの実技試験は自分の車で受ける。



待っていると、かなり高齢の男性の審査官がやってきて、

ブツブツとつぶやく・・・。

やっと聞き取って指示通りにウインカー等の確認をやって、

いざ出発!


バックによる方向転換上り坂と下り坂での駐車が課題として与えられると

聞いていたのだが、右折6回やって出発地点に戻っただけで終了・・・。

運転していた時間は10分未満

それでも、エクセレント!と一言頂いて合格

これのどこが試験なんだか不明・・・。
(途中、一時停止やスピードのチェックはしてたみたいだけど)

おじいちゃん審査員だったので、時間的(夕方)に疲れていたのかもしれない。(苦笑)


実技試験終了までにかかった時間は約1時間半

しかもその殆どが待ち時間。

最後に写真を撮って終了。

その場で無事免許証が発行された。

結論、日本より非常に簡単に取れるようである。



ここまで一切ネタは無かったのだが、

最後にオチが出るのが自分らしいところ・・・。


免許を受け取る際に、

係員から内容をチェックしてと言われる。

生年月日や住所の事だが、

俺が気になったのは、目の色の欄。

そこには”ブラウン”となっていた。

うーん・・・。まぁ、確かに薄いのだが・・・。

係員に、

俺は日本人だから、目の色は黒だと思うのだが?

と聞いてみたところ、

じっと、俺の目を見た後に、

いや、お前はブラウンだ!

と一刀両断。

ブラウンで確定した。

さて、日本人の何%が茶色の目判定されるのだろうか・・・。

まぁ、無事免許が取得できたのだからヨシとしよう。(苦笑)



ココ筆記試験の例題があります。

将来アメリカで取得しようと思ってる人はやってみましょう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
日本人の場合、目の色はブラウンが普通らしい。
Black Eyeってのは、目の周りのアザの事を言うそうな。
勉強になりました・・・。
ついでにいうと目の色なんかは自己申告制らしいのだが、
一切聞かれなかった俺って・・・。
さとる
2008/05/15 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
Driver's License 雑想U アメリカ生活はつらいよ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる