雑想U アメリカ生活はつらいよ編

アクセスカウンタ

zoom RSS カブスvsパイレーツ観戦

<<   作成日時 : 2008/05/21 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

仕事(?)で、シカゴ・カブスの試合を見てきた。

やはりデーゲームの生観戦はイイ!!!
画像



対戦相手はパイレーツ
(チケット見るまで対戦相手を知らなかったが。)

引退した桑田投手が所属していたチームだ。

が、それ以上の事は知らないし、知ってる選手はゼロ。

もっとも、カブスについても、

福留、ソリアーノ、ピネラ監督くらいしか知らないのだが・・・。




カブスの本拠地・リグレーフィールドは、

MLBの中で2番目に古い球場で、

最もキレイな球場と言われている。
(一番古いのはボストンのフェンウェイ・パーク)

外野のフェンスが蔦に覆われている事でも有名だ。

球が蔦に入り込んで消えると2塁打扱いになるという特別ルールもある。
(観戦した試合でも1回あった)
画像

                        ---ライトの守備につく福留選手---


オーナーの、”野球は太陽の下でやるもの!”という意向で、

1989年まではナイトゲームが一切行われず、

デーゲームのみたったらしい。

そして、今も最も多くのデーゲームを行っている球場だそうだ。



実際、球場に入ってみると、

その狭さにちょっとビックリ。

ファールゾーンが殆ど無い。

キャッチャーの定位置から後ろのフェンスも近く、

ワイルドピッチをしても、すぐに跳ね返ってきそうなくらい。

ブルペン(中継ぎ投手の練習場)は、

その狭いファールゾーンにあるのだが、

ファールでライナーが飛んだ場合、

ブルペンキャッチャーの後頭部を直撃するのでは?と、

心配してしまうくらいの近さだった。


スコアボードは昔ながらの手動型で、

最近の球場ではほぼ設置されている大型のビジョンも無かった。

各種広告看板類もそれほど出ておらず、

これがキレイな球場と言われる所以なのだろう。



席は3塁側で、レフトの選手(ソリアーノ)の正面辺り。

チケットには24ドルと書いてあったが、

実際いくらで入手したのかは不明・・・。
(アメリカ人の同僚が入手したので)

カブスはMLBの中でもトップクラスの人気球団だが、

本拠地の収容人数が少ない(改修して41118人)ため、

チケットは常にプラチナ化するとの事。

特に今年は好調で首位を走っている為、

さらに高騰している様だ。

福留選手目的の日本人はカモだろうなぁ・・・と推測。

調べてみたところ、現時点でカブスのホームゲームのチケットは、

既に全ての試合で売り切れ

ダフ屋(アメリカでは合法)で調達するしかないらしい・・・。

そして、気になったのが、球場のとなりの建物の上にあるスタンド。
画像


どうやら球場のものでは無いらしく、私設スタンドらしい。

こういうものが普通に許されているところが、

アメリカらしいと感じた。(笑)



天気は晴れだったのだが、風が強く、

席が屋根のあるところだったため日が当たらず、

非常に寒く感じた。

それでもビールホットドッグを買って、

アメリカンなスタイルで観戦。

試合は一進一退の展開で、

最終回にパイレーツが勝ち越しの2ランを放ってリード。

その裏にカブスも1点を返したものの、

反撃もそこまでだった。

期待の福留選手は残念ながらノーヒット

チャンスで回ってきた打席では、

ベンチからの指示で送りバントを試みるも失敗・・・。
(これは痛かった・・・。)

いいところ無しといった感じだった。

その一方、看板選手の一人であるソリアーノ選手は凄かった。

5打数5安打で2本塁打

今期は開幕から不振で5月9日には2割を切っていた打率が、

1週間で3割近くまでアップ。

この1週間の成績は打率5割1分に7本塁打らしい。

切り込み隊長が復活したことで、

カブスは、ますます波に乗っていきそうである。


行きも帰りも電車を利用したのだが、

帰りの電車では、他のカブスファンに声をかけられた。
(一緒に行った内の1人がカブスの帽子を被っていたからか?)

その人がソリアーノのユニフォームを着ていたため、

一緒に観戦した上司が”ソリアーノは日本でプレーしていたんだよ!”と言うと、

非常に驚いた様子だった。

彼は広島がドミニカで運営する野球アカデミー出身で、
そのキャリアを日本でスタートしたのだが、
日本では結果を残せないまま退団し、
後にヤンキースとマイヤー契約し、
そこから現在のトッププレーヤーの位置に上り詰めたという
変ったキャリアを持っている。
日本では”ロバ”とあだ名されるくらい遅かったハズの足なのだが、
MLBではトリプルスリー(3割、30本塁打、30盗塁)を達成している上、
MLB史上初の40本塁打40盗塁40二塁打全てを同時に達成した選手。



機会があればまた見に行きたいものだ。

しかし、カブスのチケットは$100超えそうなので、

比較的チケットの取りやすい、

シカゴ・ホワイトソックスにするかな・・・。(苦笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カブスvsパイレーツ観戦 雑想U アメリカ生活はつらいよ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる