雑想U アメリカ生活はつらいよ編

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ空軍博物館

<<   作成日時 : 2009/03/12 01:44   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ滞在も残すところ後1ヵ月となった。

仕事のまとめ、引越し準備といろいろあるのだが、

遊びも手を抜く訳には行かないという事で、

友人3人と共に近郊へ1泊の旅行へと出かけた。


目的地は、アメリカ空軍博物館
(シカゴからは車で約5時間半のオハイオ州デイトン。)
画像


パターソン空軍基地の一角が博物館となっており、

近くにはライト兄弟が初飛行を行った場所があるそうだ。
(行った人の話では、ただの野原らしい・・・。)


一般的に飛行機が展示されている博物館としては、

広島に原爆を投下したことで有名なB-29エノラ・ゲイを保有する、

スミソニアン博物館が有名だが、

空軍博物館の方が展示数、規模ともに圧倒的に上

ライト兄弟の作ったような飛行機から、

イラク戦争で使用された無人偵察機等までが展示してあり、

飛行機倉庫3個分の展示室という非常にスケールの大きな物。
(もう1個増設予定とか・・・。)

全部で400機以上の航空機&ロケットが展示されていながら、

入場は無料というから、

日本人的感覚からすると飛行機マニアの聖地といった所である。

しかし、学校等への教育プログラムにも力を入れているようで、

年間の来訪者は100万人以上らしい。



最初の展示室はライト兄弟から第1次大戦頃まで。
画像


ここでは、複葉機とそのエンジンの開発、

兵器への転用とその進化が展示してあった。

世界に1機しか残っていないという飛行機もあり、

非常に物珍しいものばかりだった。

一部にはジオラマで当時の様子が再現してあったりもした。


2個目の展示室は、第1次世界大戦から第2次世界大戦頃まで。

アメリカ空軍以外のドイツ製メッサーシュミット、

日本製の零式艦上戦闘機、紫電改も一緒に置いてあった。
画像

零戦

画像

紫電改


またB-29と広島&長崎に落とされたそれぞれ原爆の模型もあった。
画像

長崎型原爆”ファットマン”


特にこのB-29は長崎に原爆を落とした正にその機体(愛称:ボックスカー)。
画像


長崎出身者としては、うーん・・・と唸るしかない光景だった。
(機体にはNAGASAKIの文字と一緒にきのこ雲が描いてあった・・・。)


最後の展示室には、第2次大戦以降の現在までが展示してあり、

現在でも各国で稼動しているF-4、F-15、F-16といった戦闘機、
画像

F-15

画像

F-16

ステルス爆撃機B-2、F-117や、最新鋭戦闘機F-22、
画像

B-2

画像

F-117

画像

F-22

超大型戦略爆撃機B-52まで置いてあった。
画像



そして、イラク戦争で活躍した

無人偵察機プレデターやグローバルホークなども、

宙吊りになっていた。
画像

プレデター

画像

グローバルホーク   予想以上にデカくてビックリ!

その他にも実験用に開発された機体や、

各戦闘機用のミサイル等も多く展示してあり、

ただひたすら写真取りまくりとなってしまったが、

展示場があまりに広いので、足が棒に・・・。

それでも俺と男性友人の2人は、

大興奮で見てまわっていたのだが、

女性友人2人はかなり冷めていた様子・・・。(苦笑)

彼女の買い物に付き合わされて疲れ果てた彼氏状態の、

逆バージョンと言った感じで、見てて面白かったが。


この博物館はアメリカならではと言った感じで、

見に来れてホントに良かった。

日本から旅行でココへ・・・と思ってもなかなか難しいだろうし。

ただ、飛行機の歴史=兵器(戦争)の歴史だという事も、

非常に強く感じた。

(軍事が基礎になっているものは、生活の中に沢山あるのだが・・・。)


とにかく日本に帰ったら、

飛行機好きの友人に自慢出来るな!(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカ空軍博物館 雑想U アメリカ生活はつらいよ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる