雑想U アメリカ生活はつらいよ編

アクセスカウンタ

zoom RSS ワシントンDCの旅 その1:オバマ大統領の家を見てきた!

<<   作成日時 : 2009/03/18 07:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月最終週末(2/27-3/1)に空軍博物館に出かけたのに続いて、

翌週末(3/6-8)にワシントンDCへ行ってきた。

アメリカに1年半暮らして、

首都を見ずに帰る訳にもイカンだろうと考えたのだ。

同行者は同僚(同期入社)のM君。

もちろん、主目的はオバマ君の家。(ホワイトハウス)
画像



他にもリンカーンメモリアルスミソニアン博物館

といった観光地が目白押しなのがワシントンDCだ。


しかし、旅行の計画段階でB型特有の適当さが炸裂した為、

最初からグタグタな旅行となってしまった。
(2人ともマイペースなB型。座右の銘は、”なんとかなるさ!”)


まずは飛行機。

ワシントンDCには2つの空港がある。
(さらにもう1個あるみたい。)

国際線の乗り入れや、

ユナイテッドエアラインのハブなのが、

ワシントン・ダレス国際空港

ココには1度乗り継ぎで降りた事があった。

しかし、それはDCの中心部から車で40分程度のところにある。
(東京でいうところの成田と言った感じ。)

そして、中心部から5km、地下鉄が乗り入れているのが、

レーガン空港
(羽田的位置づけ(?))

国内の移動なので、こちらへ飛べばいろいろと便利だったのだが、

頭の中にダレスしかなく、

ダレス行きでチケットを取ってしまったのだ。

しかも、シカゴ-レーガンの方がチケットが安かった

後で気づいて変更しようとしたが、

追加料金が取られるということで断念・・・。

まぁ、郊外の景気も楽しまなきゃ!(泣)

と苦しい言い訳で強がりながらの旅となった。



金曜の夜に出発して、観光は土曜と日曜の午前中まで。

飛行場からホテルはレンタカーを使用した。

ホテルを中心街からちょっと離れた

アーリントン(墓地で有名)に取っていたため、

市内までは地下鉄で移動した。

地下鉄へ行ってみると、
画像


何やら不思議な空間。

トンネルを作って壁をコンクリしてあるだけの無機質な洞窟。

ちなみに数駅利用したが、全部こんな感じ。
(シェルター兼用?)

何が違和感なのか?と考えると、

壁に広告が無い事だったのかもしれない。

ちなみに、この地下鉄はNYに次いで2番目に利用客が多いらしい。


地下鉄を降りて、まず向かったのはワシントン記念塔
画像


ナショナル・モールと呼ばれるリンカーン・メモリアルから議事堂までの、

国立公園のど真ん中にそびえ立っている。

ワシントンDCで1番高い建物でシンボルタワーだ。
(法律が改正されて、高い建物は建てられないらしい・・・)

行く直前まで、この塔に人が入れることを知らなかったため、

チケット(無料)を入手し損ねて登る事は出来なかった・・・無念

それでもとりあえずは近くまで行って記念撮影。
画像


塔の途中で微妙に色が変わっているが、

これは南北戦争の影響などで作業が中断されたためらしい。

この塔はモールの中心の小高い丘にあり、

ホワイトハウスの正面に位置しているため、

リンカーン・メモリアルとホワイトハウスを

眺望する事が出来た。
画像


リンカーン・メモリアル
画像


だが、駅からこの塔まで歩くだけで結構クタクタになった。

それでもとりあえずホワイトハウスへ行こう!という事になった。

行ってみると、あまりホワイトハウスへは近づけないことが判明・・・。

建物の前の道は封鎖

その前にある(塔とホワイトハウスの間)の公園も警官が警備しており、

ホワイトハウスの正面150m程度は立ち入り禁止

観光客は皆、警察の指定するラインの外で、

記念撮影していたが、2〜3歩踏む込むと、

警告を受ける始末・・・。

そんな中で手持ちのデジカメを最大望遠にして撮ったのが冒頭の1枚だ。

こういう時は1眼の高級デジカメが欲しくなる。

建物の屋根には銃を持った兵士が居た。

そしてバルコニーには日光浴する大統領!なんて訳は当然なかった。

庭にも人影無し。

コレがホワイトハウスか・・・と思ったが、

特にそれ以上は感慨無し

自分がアメリカ人だったら、ココを目指そう!とか

考えるのかもしれないが・・・。

ちなみに建物中のツアーは同時多発テロ以降は中止されているらしい。

って、事で写真を撮って、ちょっとブラブラして、

ものの10分ホワイトハウス見学終了・・・。


その後は近くにあるホワイトハウス資料館へ。

正直、超有名な大統領数名しか知らないので、

イマイチ理解できなかった・・・。(爆)


ホワイトハウスまで歩いてみて、

更にこのペースで足を使うと、

予定の場所を全然回れなくなると考えた若くない俺たち2人は、

ホテルに戻って車を取ってくることにした。

東京やNY、シカゴ並に駅が密集してあると予想していたのだが、

それぞれが十分な距離を空けて作られており、

地下鉄だけで行動しようと考えたのは失敗だったようだ。
(たぶん、バスを併用すればなんとかなるのだろう・・・。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワシントンDCの旅 その1:オバマ大統領の家を見てきた! 雑想U アメリカ生活はつらいよ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる